ならず者青年漂流記

差詰め元ニートの手記

本日のメダカ13


f:id:damidamio:20180708152714j:image

成魚の水槽だけコケが生える速度が早いためスネールを投入。

予想通り水槽が汚れにくくなり彼らは掃除係として一役かってくれております。

 

 

そんなある日、水槽でこんなものを発見しました。
f:id:damidamio:20180708152141j:image

弾力のある袋のなかに無数(20粒位)の球体。


f:id:damidamio:20180708152344j:image

多分スネールの卵です。

彼等に掃除は頼みましたが作業人員を増やせとは言ってない。嫌な予感がします。

 

凄い増えそうだ。

ゼリー交換


f:id:damidamio:20180708130520j:image

使用していたゼリーが古くなってきたので

交換を行いました。

その際茶色くなった根や葉っぱはハサミで切ってしまいます。

そのおかげか健康状態は良いです。


f:id:damidamio:20180708130528j:image

ダイソージェルポリマー 300g

これを2つ入れて量がちょうど良かった。

本日のメダカ12

昨年の12月から稚魚を育て約7ヵ月が経ちました。

生き残ってる稚魚は9匹ですが、一匹調子が悪いのがいます。


f:id:damidamio:20180708124340j:image

餌は食べてるはずなんですが、体は痩せ、

姿勢の角度が変で常に頭を上に向けて泳いでいます。

病名は調べるに「立泳ぎ病」。

ただ先天性ではなく、内臓系の病気だと考えられます。

1つだけ心当たりがあるとすれば、体が成長してきたので一度だけ大人用の餌を上げたことです。

 


f:id:damidamio:20180708124409j:image

死期が迫ってる感じですが発見から4日、

まだ餌は食べています。

本日のメダカ11


f:id:damidamio:20180623112751j:image

「水槽は汚いけど掃除はまた今度にしよう・・・。」

と、釣行に出る予定だったが突然外の天気が崩れたため中止に。

大人しく掃除します。

雨を降らせたのは彼らの仕業かもしれない・・・。


f:id:damidamio:20180623112755j:image

激落ちくんはホント優秀。

水が落ち着いたら見違えるほどきれいになります。

最近思うのは水草は以前使っていたアナカリスの方がいいかもしれないといこと。

カボンバは枯れた細かい葉が沢山浮遊するので拾うのが大変です。


f:id:damidamio:20180623112818j:image

成魚の水槽は一匹だけスネールがいます。

よくメダカにつつかれてますが、頑張ってます。


f:id:damidamio:20180623112829j:image

こっちは生まれて半年ほど経った稚魚の水槽。

最初の針子の状態から比べるとずいぶん大きくなりました。

多分そろそろ成魚と一緒にしても食べられないんじゃないかと。

 

この水槽には10~20匹くらいのスネールがいるせいか全然汚れない。

釣果報告

3週振りにポイントを変更。

日中はかなり暑い。

水温も高い。


f:id:damidamio:20180603214605j:image

最近釣行に持ってくようになったF20

主に気圧計と釣果カウンターとして使用。


f:id:damidamio:20180603214606j:image

割りとすぐにウグイが釣れる。

赤と金のフローティングミノー。


f:id:damidamio:20180603214617j:image

次はアメマス。

最近アメマスばっかり釣ってる。


f:id:damidamio:20180603214628j:image

最後はウグイ。

それにしてもお腹が張ってすごい。

産卵期?

 

 

まとめ

気温は高いけど終始空には薄い雲がかかっていて時々雨が降った。全体的に色のついたスプーンないしミノーの反応が○