ならず者青年漂流記

差詰め元ニートの手記

釣果報告

3週振りにポイントを変更。

日中はかなり暑い。

水温も高い。


f:id:damidamio:20180603214605j:image

最近釣行に持ってくようになったF20

主に気圧計と釣果カウンターとして使用。


f:id:damidamio:20180603214606j:image

割りとすぐにウグイが釣れる。

赤と金のフローティングミノー。


f:id:damidamio:20180603214617j:image

次はアメマス。

最近アメマスばっかり釣ってる。


f:id:damidamio:20180603214628j:image

最後はウグイ。

それにしてもお腹が張ってすごい。

産卵期?

 

 

まとめ

気温は高いけど終始空には薄い雲がかかっていて時々雨が降った。全体的に色のついたスプーンないしミノーの反応が○

 

生きる意味について


f:id:damidamio:20180527175237j:image

273日振りの植物記事。

生きる意味とか人生の目的について「考え過ぎ」はかえって幸福度を下げてしまう気がする。

 

植物を見て思う。

彼等に明確な目的があるだろうか。

私が世話をしている(又は私がされている)

アグラオネマに至っては暫く花も咲いてないので自分という個体を増やす意志もないように見える。

 

それでも確実に生きている。

 

恐らく、生きる理由が無いこと自体を問題に感じているのは人間だけである。

 

雪代の釣行


f:id:damidamio:20180520235454j:image

最近ブログが魚の記事ばかりになっている

気がする。

久々の釣行記事。

気温は高く、外は過ごしやすい日が増えてきたけれど、水は山からの雪代(雪解け水)でまだまだ冷たい。

 f:id:damidamio:20180520235512j:image

どれもサイズは小さいけど活性は高く、

元気なアメマスが釣れた。


f:id:damidamio:20180520235528j:image


f:id:damidamio:20180520235542j:image

初のオショロコマ。

オレンジの小さい斑点が美しい。

魚は本来水中にいるものなので

素早くリリースすることを心掛けてる。

 

 

本日のメダカ10

あっという間にGW最終日です。

連休中に2,3日外泊することがありましたが、

相変わらず頭の中はメダカの心配ばかりしていました。

 

帰ってきてメダカは死んでいないだろうか?

出発前の餌が多すぎて水が汚れてないだろうか?

 

帰宅してすぐさま水槽を確認しました。


f:id:damidamio:20180506124633j:image

生きてるー(歓喜

というかカーテンも閉めて部屋が暗かったからか寝起きな感じです。


f:id:damidamio:20180506124647j:image

でも水温下がったなぁ。


f:id:damidamio:20180506124655j:image

もっと心配だった稚魚の水槽

元気そうです。


f:id:damidamio:20180506124704j:image

こちらも元気だが、なぜか水草が浮いている。

 

ということで、稚魚の方も全員の生存を確認致しました。

もしかすると案外余裕なのかも。

だって、

そもそも自然界では決まった時間に決まった量の餌が食べれること自体普通じゃないのだから。

本日のメダカ9


f:id:damidamio:20180401230115j:image

今日驚いたこと。

第2世代初期の稚魚がいる水槽に知らない

生体を発見した。

しかも一匹じゃない。(4匹はいた)

 


f:id:damidamio:20180401230129j:image

この方のお子さんだと思います。

それと、詳しく調べてみるとタニシではなく

モノアラガイっぽいことが分かりました。

 

増えないように一匹だけ水槽に入れたのですが一気に増えました。

あんまり増えすぎるようだと対策を考えなくては…。

 

ジェックス 貝トール

ジェックス 貝トール